スポンサーリンク

新潟駅を攻略しよう!新潟駅の構内図、改札口、待ち合わせ場所をわかりやくまとめました。

2019年3月12日





これから新潟駅を掘り下げていきたいと思います。

新潟駅の構内図


新潟駅の構内は、吉田と長岡新発田に別れていて、各方面から交わる中心にはコンコースや乗り換え口があります。
吉田は新幹線の東京方面と同じ方向で、その乗り換えホームは長岡新発田方面側に設けられています。
新幹線を横断するように通っているのは、けやき通りという名前が付けられている通路です。
けやき通りは西側連絡通路、東側連絡通路とそれぞれ繋がっていて、東西を結ぶ通路の一つと位置付けられます。
構内の中心へ向かって行くと、そこには待合室や乗り換え口、新幹線の乗り換えホームを結ぶコンコースがあります。
南側には広場やバス乗り場、それにタクシー乗り場などが存在します。
北側にも各種の乗り場が設けられていて、近くでは観光案内所や鉄道警察の窓口が利用できます。

新潟駅の改札口


新潟駅の改札口は全部で7ヶ所用意されています。
北口に対応するのは万代口改札で、北側はここを中心に多くの利用者が通ります。
一方の南側は、東口と西口の2つに分かれる形で改札口が設置されています。
JRを利用する場合は万代口改札と、東西のいずれかを通って乗り降りすることになります。
新幹線の乗り換え口は、構内の中心から南寄りの場所に東西に分けて2つあります。
南口も万代口改札と同じく私鉄線を乗り降りする為の改札口です。
南口は最南端にあって、大きく東西に分けられ離れて位置しています。
北口は改札が一つしかないことから、南に比べると利用者は少なくあまり混まない傾向です。
混雑しにくく見通しの良い通路なので、比較的快適に利用できるルートです。

待ち合わせするならどこ?


迷わずに待ち合わせをしたいなら、出入り口が一つで混雑の恐れが小さい万代口改札が狙い目です。
万代口改札の近くにあるバナナは、待ち合わせの一つとして最適な場所です。
逆に南口で目印を探したいのであれば、出口付近にある家電量販店やファストフード店がベストです。
他にも有名なお店は数多くあるので、名前や時間を間違わずに約束を行えば、ほぼ間違いなく出会うことができるでしょう。
駅の外ではなく構内を目印にしたい場合は、新幹線のコンコースにある忠犬タマ公が定番です。
地元ではお馴染みの場所ですが、東京で忠犬に慣れている人も、違和感なく待ち合わせられるポイントとなります。
新潟駅は広く改札口も多い代わりに、約束に役立つ場所も豊富なので魅力的です。